2008年05月27日

001:桜(さくら) 2008.4.1撮影





薔薇(ばら)科 サクラ属
学名はPrunus

第一弾はこちら。
これはさすがに管理人にも分かります。

桜、さくら、サクラ。
じゃっぱに〜ずまいんど。

この写真はソメイヨシノだと思うんですが、桜にもいろんな種類があるみたいですね。
八重桜に山桜、それに姥桜……は違うか、と思って調べたら、そういう種類(というか通称だけど)があるんですね。

うば‐ざくら【姥桜】
1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。
2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。

へー。
他には……どんなのがあるんだろ。

中国の影響が強かった奈良時代は花と言えば梅だったそうです。
山桜を移植できるようになった平安時代以降は桜が主流に。
梅も桜も日本人が好きな花だと思う。
どっちが好きと言われたら……いや、比べる必要もないんだけども管理人は梅が好き。
香りが良いし、小さく控えめで可憐な風情が。
でもみんなでお弁当広げて呑みながら眺めるならやっぱり桜でしょか。

ネット上の記事で拝見したのですが、桜の花粉には興奮を誘発する「エフェドリン」という物質が含まれているそうです。
だから花見でいきなり脱いだり踊ったりとかなんとか…。

ほんまかいな(笑)
ただの酔っ払いちゃうかと(笑)

そういった成分が含まれてるのは本当だろうけども、どの程度の影響なんだろ。
けど確かに桜が咲き出すとなんっかソワソワします。
なんかしなきゃ、ジッとしてるの勿体無い〜と。
単に木の芽時なだけもしますが桜の作用なのかしらん。

その他にも花びらには二日酔いを緩和する効果が(だから酒に花びらを浮かべるのは理にかなっているとあったけども、こちらも効果は如何ほどか)、香りは不安感を取り除いて自信を回復する効果があるだそうな。
posted by かんり at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 花の名は
この記事へのコメント
こにゃにゃちわ。
私も名を知らぬ花が多くて、
気になっているものが多々あります。
ネットって、何でも検索できる、と思いきや、
画像から調べることは出来ないのですよね。
こんな落とし穴をだれか
プログラミングしてくれないかしら・・・と思います。

ちなみに、わたしが披露宴で両親に渡した桜は、
「旭山桜」という品種のようです。
Posted by hiro_pom at 2008年05月28日 19:28
ども〜
花の名前ねぇ
うちもねぇ、母が遊びに来るたびに
うちの庭とか、プランターの整備を
やっていくけど、
来ないと荒れ放題です。
反省して、今週末から旦那と庭の整備を
おこないまする。
で、花の育て方も分からないんで・・・
経験なんでしょうがね
hiro pomちゃんの言うとおり
名前が分からなきゃ調べられず、
しかも育て方も分からん・・・って
まずいよなぁ。。。
ポトスも枯らす女だから<あたし
Posted by SATU at 2008年05月29日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15383782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック