2009年01月29日

キミに胸キュン

全然時間ない。家帰ってからなんもできん。

やる人はやってるんだよなぁ。
最終(電車)コースで帰ってもハウスキープだとか自分キープだとか。
前はそういう自分ダメだなぁって。
他にできてる人いるなら自分もやらなきゃと。

でもさー、無理なもんは無理。
かといって、そう見切りばかりつけてちゃ向上もしないわけで。
まぁとりあえず平日は仕事優先で、他できなくても自分を許すことにした。
自分キープも仕事の一部かも知れんけど、実質的な業務の意味合いでの仕事優先。
許す前だって、できないモンはできなくてやってなかったんだけど、気持ちは楽になりました。

んで、ストレスでほんとダメになっちゃう場合もあるんだけども。
でもちっと今の風潮は我慢とか努力とか協調とかいう言葉に否定的すぎるような気がする。
この匙加減って難しいけどもさ。本人の為にならんよね。


…なんだっけ。


そうそう。家帰ってから時間ないからブログ書けないゆー話。
だから昼休みに書くことにした。
昼休みは休むよ! 休むよ!

話変わるけど前にね。
ファッション誌のコピーって面白いよね、って言う女の子がいたんです。
「この春 ○○がないと始まらない!」的な。
始まらないわけないだろ…的な。
そういうの見るとおかしくて、電車の吊り広告なんかで見たら吹き出しちゃいそうになるって。

分かる(笑)

んでそういうスイッチ入れて見ると、もうおかしくってたまらない。
「この冬、ふにゃららコートで攻めろ!」的な。
コートで痴漢でもブン殴るんですか。

そんで今ヤフーのトップページ見てたら、
「サマンサタバサの胸キュン財布」

胸キュン。財布に。

でもねー、これはなんか分かる。
胸がキュンてなるモノって確かにある。

胸キュン。

胸キュンて誰が言い出したんだろ。
これぞコピーって気がする。
posted by かんり at 13:13| Comment(3) | TrackBack(0) | Daily
この記事へのコメント
私も
「でも、その気持ちはわかるけど、今時の若い子は、『胸キュン』とかいわないよね」
とか、
「絶対このコピーはターゲット世代とはぜんぜん違うおっさんがつくってんだろ(笑)」
とかいつも思ってますよ。
Posted by あやは at 2009年01月29日 15:30
YMOかと思った(トシはすでにばれてるので問題なし)。
好きだったの〜サカモト教授。

「胸キュン」って死語じゃないんだ?ビックリ。
しかもファッション誌のコピー。
あれかな、流行は戻ってくるっていうやつ。
これから80年代が流行るのか?(^^;
Posted by A小さん at 2009年01月30日 17:06
>あやはさん
あれ、あのコピー。
オジサン作ってるのかなぁ(笑)
ファッション誌の編集は女性多い気がしたんだけども、確かにあのコピーはなぁ…。
いや、好きなんですけどね。面白いから(笑)

ところで全然話変わりますが、
あやはさんのHNって可愛いなぁってお名前見るたび思うのです。


>A子さん
YMOなつかしす。
好きでしたよ好きでしたよ教授。

胸キュンはやっぱり死語?死語なのか!?(爆笑)
いやいやいや。いやいやいやいや。
胸キュン不滅ですから。
死語になっちゃったら少女マンガでときめくシーンの擬音がなくなって作家先生困るから。

ちなみにキュンは擬態語ではなく擬音語だと思う。
だってホントに胸がキュンっていうもんッ…!(そうですか)



そんなんで、ここ数日「胸キュン」マイブームでなんか気になってたんですよ。
で、今日客先での打ち合わせで、女の子のカワイイモノに対する心理みたいな話になって、そこにどう見てもハタチそこそこの今時な若い女の子も同席してたもので、

「胸キュンって言葉分かります? こう、胸がキュンとなるような…」

って聞いてみたの。
そうしたら、

「すっごく分かりますぅ〜ッ!!」

ってガクガク首ふってた(笑)

胸キュンって言葉が古くなっても、胸がキュンと切なくなる感覚は変わらないのかもですね^^
Posted by かんり at 2009年01月30日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26057046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック